2009年01月27日

寒いご時世に足湯バー 大阪、京都では足湯カフェ

寒風と不景気風で冷え込む街に、足湯で温まりながら、お酒やお茶を楽しめる飲食店が出てきた。

 大阪市中央区東心斎橋にこの冬できた足湯バー「はっちサロン」。入り口には「ゆ」と書かれたのれん。いすに座ると立ち上る湯気とかすかなピーチの香り。カウンターの下には長さ8メートル、幅30センチ、深さ30センチの湯船がある。約40度に温めた水に、日替わりで入浴剤を入れている。

 湯船は毎日洗い、客には殺菌スプレーなどで足を清潔にしてから入ってもらっている。お酢や野菜ジュースなどを使った約40種のヘルシーカクテル(1杯800円)が自慢で、動脈硬化や肌荒れ予防に効果があるとうたう。

 京都市下京区真町の足湯カフェ「もみの気ハウス」は、四条大橋を望む掘りごたつ式の足湯が三つ。ハーブティーやコーヒー、玄米がゆなどが楽しめる。カップルや歩き疲れた観光客でにぎわうが、別料金の肩もみが人気で、最近は中年男性の姿も増えた。副店長の遠藤輝美さんは「なにかと世知辛いご時世、手軽にリフレッシュできるのが受けている」と話す。

 足湯の効果に詳しい大阪大学大学院医学系研究科の新田紀枝・准教授は「お酒やお茶を飲みながらの足湯は、リラックスや癒やしに相乗効果があるかもしれない。ただ体が熱くなってきたら早く切り上げるなど、体調と相談しながら楽しんで」と話している。(高島靖賢)

2009年1月27日12時52分 asahi.com

寒いご時世に足湯バー 大阪、京都では足湯カフェ

この足湯カフェ、北海道にもないかなぁ〜。足湯を上がった後は、どうやって乾かしているのかなぁ?

posted by mocamocamatari at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。