2009年02月05日

ワカサギ釣り「穴場」です 大沼公園

 【大沼公園】七飯町の大沼公園広場そばの釣り堀「太公園(たいこうえん)」が、今季から氷上ワカサギ釣りの営業を始め、穴場スポットとして人気を集めている。昨年夏から始めた野菜や果物の販売コーナーも好評で、経営する藤原敏洋さんは「七飯の良さをまるごと体感して」と呼び掛けている。

 藤原さんは昨年十月以降、大沼のワカサギを計約六万匹放流。昨年十二月二十日から営業を始めた。八−一二センチの二年魚が多く「入れ食い状態で楽しめる」(藤原さん)という。四方を林で囲まれているため風があまり吹かないのも利点で「寒さが気にならない」と早くもリピーターがいる。これまで約三百人が訪れ、計一万五千匹を釣った。

 販売コーナーは、観光客に七飯の食材の良さを知ってもらおうと、スタッフの川村幸治さんが考案。昨年七月から町内の農家を回って直接仕入れ、市場より安く販売している。外国人には果物が、住民には野菜が好評で、現在はリンゴやジャガイモを販売する。

 函館市海岸町の主婦、平野さとみさん(50)は「ワカサギは面白いほどよく釣れました」と笑顔で話していた。

 釣り具は餌付きで千円。小学生以下七百五十円。から揚げはグループで五百円。三月上旬まで。問い合わせは藤原さん(電)090・8271・7584へ。(上野香織)

(02/05 13:39)北海道新聞

ワカサギ釣り「穴場」です 大沼の釣り堀「太公園」氷上で今季から営業

氷上のワカサギ釣りはいいですなぁ。すぐ横で天ぷらにしてくれるともっと良いですねぇ。

posted by mocamocamatari at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。